Dismiss Notice

Register now to be one of the first members of this SharePoint Community! Click here it just takes seconds!

Dismiss Notice
Welcome Guest from Country Flag

Microsoft Bot Framework & Cognitive Services 1周年

Discussion in 'Official Microsoft News' started by a y a k o, Apr 1, 2017.

Thread Status:
Not open for further replies.
  1. a y a k o

    a y a k o Guest

    Blog Posts:
    0
    Build 2016 で Bot Framework が発表されてから、そして (旧称) Project Oxford / Bing APIs が統合されて Cognitive Services という名前で紹介されてから、ちょうど丸 1 年になりました。

    Cognitive Services


    認知機能を Web API 経由で利用できる “人工知能パーツ” である Cognitive Services は 21 種類からスタート、この 1年 の間に 24 種類となりました。

    また、(旧) Bing APIs である Search Group の API と Translator API は GA (General Availability: 正式リリース) となっています。

    発表当時 2017年3月末現在
    [​IMG] [​IMG]



    Cognitive Services 情報


    まずは Cognitive Services Web サイト (https://www.microsoft.com/cognitive-services/) をご覧ください。

    [​IMG]



    開発ドキュメント


    Top ページのバナーに表示されている Docs+Help をクリックし、Resources の欄に Documentation という項目から表示される Documentation ページ (https://www.microsoft.com/cognitive-services/en-us/documentation) に各 API の利用方法が記載されています。

    [​IMG] [​IMG]



    左列から利用したい API をクリックすると、How-to ドキュメントや SDK、API Reference (API 仕様) などへのリンクが表示されます。

    [​IMG]



    API Reference と Testing Console


    上記 各 API のリンクから、または直接下記のURLから API Reference を辿れます。


    [​IMG]

    [Open API Testing Console] をクリックすると、パラメーターと実際のデータをセットして API を呼びだすことが出来るテストコンソールが利用できます (※ Subscription Key が必要です)。

    [​IMG]



    SDKs & Samples


    Docs+Help の Resources の欄に Documentation という項目から SDKs & Samples のページ (https://www.microsoft.com/cognitive-services/en-us/SDK-Sample) が表示できます。こちらから各 API の SDK やサンプルアプリがダウンロードできます。

    [​IMG]



    価格


    Top ページのバナーに表示されている Pricing をクリックすると、価格表が表示されます。

    [​IMG]



    Cognitive Services の Subscription Key 取得方法


    Cognitive Services は無料試用することができ、サブスクリプション申込を行って Subscription Key を取得して、各 API を呼び出すときにバインドして利用します。(それぞれの API ごとに申し込みが必要です。)

    現在、サブスクリプション申込の方法が2つあります。



    Microsoft アカウント を使用した 無償サブスクリプションの申し込み


    各 API の説明ページ、または Pricing のページから、[Try for Free] をクリックして無料試用サブスクリプションに申し込みできます。

    無料試用サブスクリプションの申し込み方法と Subscription Key の取得方法はこちらから。

    人工知能パーツ Microsoft Cognitive Services を使った表情分析アプリを作ろう![サブスクリプション準備編]



    Azure Portal からのサブスクリプションの申し込み


    有料版を利用するときは Azure Portal から Azure サブスクリプションを使って申し込みを行います。(Azure Portal にも無償版 (F0) が用意されていますので、上記の方法を使わずにこちらをご利用いただいても構いません)

    左列のバーから [+] をクリックして新規作成メニューを表示し、[Cognitive Services APIs] (Intelligence + Analytics の中から、または検索) を選択します。各項目を選択 or 入力し、[API Settings] を [Enable] に変更し、[作成] をクリックします。

    [​IMG]
    作成した Cognitive Services API をクリックして表示し、メニューから [Keys] をクリックすると、Subscription Key が表示されます。

    [​IMG]



    Bot Framework


    Chat Bot を構築することができる Web サービス(テンプレート)であり、App Store のようなサービスディレクトリーや各種 SNS へのコネクターを提供するフレームワークである、Bot Framework は、現在 V3 となっています。

    発表当時 2017年3月末現在
    [​IMG] [​IMG]



    Bot Framework 情報


    まずは Bot Framework Web サイト (https://dev.botframework.com/) をご覧ください。

    開発ドキュメント は Documentation (https://docs.botframework.com/en-us) にまとめられています。

    How-to リソース (日本語)


    Microsoft Bot Framework v3.0 からはじめる BOT 開発

    Continue reading...
     
Thread Status:
Not open for further replies.

Share This Page

LiveZilla Live Chat Software