Dismiss Notice

Register now to be one of the first members of this SharePoint Community! Click here it just takes seconds!

Dismiss Notice
Welcome Guest from Country Flag

独自デスクトップ上で、タッチキーボードを表示することができません

Discussion in 'Official Microsoft News' started by JAPAN Platform SDK, Apr 4, 2017.

Thread Status:
Not open for further replies.
  1. JAPAN Platform SDK

    JAPAN Platform SDK Guest

    Blog Posts:
    0
    こんにちは、Platform SDK (Windows SDK) サポートチームです。
    今回は、Windows 8.1 のタッチキーボード (Tabtip.exe) で確認されている現象についてご案内します。



    現象

    独自デスクトップ上でタッチキーボードを表示しようとすると、タッチキーボードが既定のデスクトップ (Default デスクトップ) 上で表示される現象が確認されています。



    詳細

    プログラムから Win32 API の CreateDesktop() を呼び出すと、独自のデスクトップを新しく作成することができます。
    この独自デスクトップ上でも、ユーザーは Default デスクトップと同じように、マウスやキーボード、タッチ操作を行うことが可能です。

    ところが、Windows 8.1 において独自デスクトップ上でタッチキーボードを表示しようとすると、(独自デスクトップではなく) Default デスクトップ上にタッチキーボードが表示される現象が発生します。
    このため、独自デスクトップ上で操作中のユーザーは、タッチキーボードを利用することができません。



    原因

    マイクロソフトでは、この問題について現在調査中です。
    詳細については、わかりしだいこの資料に掲載する予定です。



    回避策

    独自デスクトップ上では、タッチキーボードの代わりに、スクリーンキーボード (Osk.exe) のご利用をご検討ください。

    なお、ShellExecute() を呼び出すと、プログラムから現在のデスクトップ上にスクリーンキーボードを表示することが可能です。
    このようなプログラムを独自デスクトップ上で実行することで、プログラムを経由してスクリーンキーボードを独自デスクトップ上に表示させることができます。

    Continue reading...
     
Thread Status:
Not open for further replies.

Share This Page

LiveZilla Live Chat Software