Dismiss Notice

Register now to be one of the first members of this SharePoint Community! Click here it just takes seconds!

Dismiss Notice
Welcome Guest from Country Flag

de:code 2017「Hack days」(Day3, 4)開催決定!

Discussion in 'Official Microsoft News' started by Runa Namae, Mar 30, 2017.

Thread Status:
Not open for further replies.
  1. Runa Namae

    Runa Namae Guest

    Blog Posts:
    0
    今年初の試みとしてde:code 2017 のPost eventとして de:code Hack daysを開催いたします!


    de:code 2017 を通して知っていただいた最新技術を実際に触っていただき、身に着けていただくための 2 日間として、 de:code 2017 参加者の方を限定 200 名を対象とする Special イベントです。

    実用的なレベルまで皆さんの技術スキルを昇華させることを目指しています。

    この「Hack days 」までが de:code です!ぜひ de:code と Hack days にご参加ください。

    ——————————————–

    日時


    Hackathon

    5 月 25 日 (木) 10:00 – 20:15 (懇親会含む) [受付開始 9:30 予定]
    5 月 26 日 (金) 10:00 – 16:30       [受付開始 9:30 予定]​

    Hands on & Chalk Talk

    5 月 25 日 (木) 9:00 – 17:00 [受付開始 8:45 予定]
    5 月 26 日 (金) 9:30 – 17:00 [受付開始 9:00 予定]​

    場所


    〒108-0075 東京都港区港南 2-16-3 品川グランドセントラルタワー 31F​

    参加費


    無料​

    参加資格


    de:code 2017 参加者の方​

    ※Hackathon 100名 + Hands-on, Archtecture Talk 100名の合計 200 名に参加者を限定させていただきます。
    先着順で募集を締め切らせていただくため、登録サイトがオープンした際にはお早めにご登録をお願いいたします。​

    参加登録方法


    準備が整い次第、de:code 2017 参加登録者に、事務局よりご案内をいたします。​

    コンテンツ内容


    Hackathon

    皆さんが会社に持ち帰ることのできるデモンストレーションをこの2日間で完成させることを目標にします。ご自身で開発を進めていただくため、アプリケーションの開発経験をお持ちの方を対象としております 。de:code のスピーカーも部屋でサポートをさせていただきます。登録される際に上記3テーマのうちご興味のある内容をお選びください。また、そちらのテーマで取り組みたいアイデアを事前に考えてきてください。当日、全てのアイデアから取り組みたいものに投票いただき上位のアイデアを残したうえで、自由にチームを組んでいただきます。現段階では最大 20 チーム (1 チーム最大 5 名まで = 最大 100 名)を想定しております。​

    1. Microsoft の AI API と Bot Framework を組み合わせた Bot 開発
    2. Xamarin と Azure を活用したモバイルアプリ開発
    3. IoT Development

    Hands-on

    de:code のセッションで学んだ技術を、1から着実に学び皆さんの実プロジェクトにそのまま活かせるようになることを目標にします。こちらは講義ではなく自習形式で用意された手順書に従って各種技術を学んでいただく形になっております。Hands-on は 2 日間通して開催しておりますので、出入り自由で各種テーマにご参加ください。ご自身の PC を使っていただき、皆様のペースで取り組んでいただきます。各コンテンツに担当者がつきますので自由にご質問ください。​

    1. Hololens development
    2. Bot Framework + Cognitive Services (LUIS)
    3. Blob Storage + Azure Functions + Event Hubs + Power BI
    4. Microsoft Cognitive Toolkit (CNTK)
    5. Azure AD + Office 365 for Developers
    6. Cortana Skill Kit
    7. Azure Machine Learning
    8. Container (Ruby on Rails) to App Service (Linux)
    9. Test Driven Development
    10. CI/CD with VSTS
    11. Microservice
    12. Web Apps + SQL Database (.NET or Ruby on Rails)

    Chalk Talk

    de:code スピーカーと気軽に Security や Cloud Architecture についてディスカッションできる場となっております。皆様の会社の実プロジェクトで悩まれていることについての相談にお役立てください。

    ※各コンテンツ内容は予告なく変更される場合がありますので、ご了承ください。参加登録方法に関しては、さらなる詳細と合わせて追ってオフィシャルサイトにて公開いたしますのでそちらをお待ちください。

    1. Security (認証やデータ保存方法)
    2. Cloud Architecture (SaaS等を組み合わせた適切なアーキテクチャ設計)

    ——————————————–



    この Hack days を担当しているのは、以下の二人です。
    みなさまにお会いできるのを楽しみにしています。



    藤本 浩介
    デベロッパー エバンジェリズム統括本部
    エバンジェリスト

    [​IMG]

    大田 昌幸
    デベロッパー エバンジェリズム統括本部
    テクニカル エバンジェリスト​

    [​IMG]





    ————————————————————————–——–———–———-

    早期割引実施中!2017年4月28日(金)まで


    [​IMG]


    ————————————————————————–——–———–———

    Follow us !


    ————————————————————————–——–———–———-

    ※本情報の内容 (添付文書、リンク先などを含む) は、作成日時点でのものであり、予告なく変更される場合があります。

    Continue reading...
     
Thread Status:
Not open for further replies.

Share This Page

LiveZilla Live Chat Software